2007年05月15日

ペット可のマンション

最近はペット可のマンションや物件が増えてきました。
ペット可のマンションや物件が増えてくるのは
時代の流れを反映しているといってもいいでしょう。

ある調査によると、15歳以下の子供の数よりペットの
数の方が日本では既に多いそうです。それだけペットを
飼う家庭が増えてきていると言うことですよね。

そうなると、自然と、ペット可のマンションを借りたいという
人や、ペット可の物件を探す人が増えてくるでしょう。
こうしたニーズに合わせて、ペット可のマンションや物件が
増えてきているのだと言うことができます。

しかし、ペット可と一言で言っても、詳細な条件には
いろいろなものがあるようです。というのも、ペットと
一言でいっても、いろいろな種類があるからですよね。

しかも同じ犬だったとしても、大型犬と小型犬では
隣人に与える影響というのもことなってくるでしょうし、
体の大きさが同じだったとしても、仲が悪くなって
しまったら気まずいですよね。

マンションという場所は共同生活です。従って、
隣の住人が飼っているペットと自分が飼っている
ペットが仲良くとは言わないまでも、お互いに
迷惑をかけないレベルにないと、生活をしていけない
ということが言えますね。

また、賃貸の場合は、前に借りていた人が何を飼っていたか
ということで、次に入る人も限定されてきてしまうなんて
こともないとは言えない話ですね。
posted by yope at 18:33| Comment(40) | TrackBack(5) | マンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の服

ペット用品も様々ものが登場しています。
少し前まではペット用品として存在さえしていなかった
ようなものまで登場してきています。

例えば犬の服です。犬に服を着せるなんて、少し前までは
考えられなかったことという人もいるでしょう。
犬が服を着るのはサーカスくらい、というイメージでしょうか。

しかし、今は、「犬服」と呼ばれる市販の犬用の服が、
たくさん流通しているくらいにペット用品の中でも
犬の服市場は大きくなってきています。

犬に服を着せるのは、飼い主の自己満足かというと
必ずしもそうではないという面もあるのは事実です。
散歩時の汚れや雨から愛犬の体を守るという意味もあります。
また、寒さや紫外線対策にも効果を奏します。

怪我をした際のアフターメンテナンスという意味でも
犬服というのは役に立つのかもしれません。このように
ペット用品の中にも意味を持つものもたくさんあります。

犬服の中には、人間顔負けの高価なオーダーメイド商品から、
コスプレ用の凝った洋服までさまざまなものがあり、
ペット用品の中でも独自の市場、新分野を開拓しつつあります。

犬に服を着せる場合、事前に犬のサイズをしっかり
採寸しておくこと、1日中着せっぱなしにしないこと、
犬にとって快適な素材・形状の服を選ぶというのが、
基本的なポイントです。

残念ながら、犬は自分の服を選べません。
犬がどの服を着たいかという希望を持っているかどうかは
わかりませんが、少なくとも不快な思いだけはさせないよう
基本的なポイントだけは外さないようにしたいですね。
ラベル: ペット
posted by yope at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ペット用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと泊まれるホテル

犬や猫やハムレットなどのペットは、家族で泊まりがけの
旅行やレジャーに行くときには、どこに預けるように
していますか?

ペットホテルや、ペットシッターといったサービスを
する利用する方も増えているようです。しかしもはや
ペットの位置づけというのは、これまでの単なるペットから
大事な家族の一員というものに、多くの家庭で変わってきて
います。

日本では15歳未満の子供の数よりもペットの数の方が
多いという統計結果が出ています。ペットを子供のように
かわいがっている家庭も多いでしょうね。

そこまで可愛がっている犬や猫ですから、
「旅行を一緒に楽しみたい!」と思う方もいるでしょう。

そのため、最近では、ペットと泊まれるホテル
少しずつ増えてきており、“ペット同伴で旅行に
いく”というスタイルも定着してきています。

ペットと泊まれるホテルの中には、ドッグラン
(犬用の運動場)やドッグプール(犬用プール)、
ドッグスパ(犬用の温泉)といった施設を備えている
ホテルもあります。ペットが宿泊先でストレスを
ためずに過ごすことができるようにとの配慮からですね。

ペットの犬や猫にとっても、ペットホテルなどに
預けられるよりも、飼い主と一緒にホテルに泊まれる
のですから、これ以上安心なことはないでしょう。

ただし、ペットと泊まれるホテルと言っても、ルールや
マナーはつきもの。他の宿泊客に迷惑をかけないというのが
最大のルールとなります。

ワクチン接種はもちろん、トイレや食事などの基本的な
しつけや、衛生面の管理などを事前に済ませてから、
利用するようにしましょう。

ラベル:ペット ホテル
posted by yope at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。